機械式時計は繊細な彫刻!やってはいけないNG行為とは

機械式時計もデジタル時計と同じく水に弱い!

機械式時計は繊細なメカニズムで、その動きを見ているだけでも魅力があります。そんな機械式時計を長く使い続けるために、やってはいけない行為がいくつかあります。それらをしっかり把握し、大切に扱いましょうね。まずは水に対する扱い方です。機械式時計の中には防水加工されているモデルもありますが、アンティークの時計などは水にとても弱く、注意が必要です。内部の構造に水が入ると、錆の原因にもなり、メカニズムに負担がかかります。水に触れる可能性がある場合はしっかりと保護しましょう。

ショックは厳禁!機械式時計はとても繊細

続いて紹介するNGポイントは、時計に与える衝撃です。機械式時計は数多くの繊細な部品が組み合って、動きを構成しています。したがって外部から大きな衝撃を与えると、内部構造にひずみが生じます。運が悪いと部品が曲がったり、外れて動かなく事も考えられるので注意してください。小さい衝撃でも回数が重なれば、内部に負担をかけてしまいます。この衝撃も、水と同じくアンティーク時計は非常に影響を受けやすいです。持ち歩く際は、慎重に扱いましょうね。

保管方法を重要になるので注意!

そして、時計を使用する時だけではなく、保管する方法にも十分注意しましょう。保管する時も強い衝撃がかからない安定した場所と、多湿を避けて保管する事をお勧めします。観賞用のクリアケースに保管すると、見た目も美しく、安定性も保てるのでオススメです。以上のように、機械式時計を使い時や保管する時は、今回紹介したポイントに十分注意しましょう。少しでも長く使いつづけることで、機械式時計の魅力を長く楽んで下さいね。

近年急速に存在感が高まっている高級時計ブランドがウブロです。有名スポーツ選手や芸能人がこぞって身につけていることで知られており、その独特の男らしいデザインは他の追随を許しません。