七五三のいわれは?レストランに行く習慣についても知っておこう

七五三のいわれについて知っておこう!

日本では、3歳と7歳の女児、5歳の男児には七五三でお祝いをする決まりがあります。絶対にお祝いをしなければならないことはありませんが、多くの日本人はお祝いをします。ですが、なぜお祝いをするのでしょうか。その意味について知っておきましょう。一番の理由は子供が健康に育つようにという理由になります。今では子供が生まれて大きくなるのは当たり前の時代ですが、江戸時代には7歳までの子供が成長できず亡くなる率がかなり高かったのです。

七五三を始めたのは徳川綱吉

七五三は江戸時代の中期頃から始まっています。当時は7歳まで子供が育つことが出来れば、そのまま大人になれるだろうと言われていた時代で、現代とは七五三を行う背景が全く異なりますね。当時、徳川5代将軍綱吉は、自分自身も病弱に生まれたことで、自分の子供も育つかどうかが心配でした。そこで、3歳・5歳・7歳の年齢になる子供に対して、無事に成長できるように神社で参拝するようにしたのです。現代は、お祝いとして皆で楽しみレストランへ行くなどの行事に変わりつつあります。

子供だけでなく大人も楽しめるレストラン

現代の大人達は、子供が無事に成長をすることも気になりますが、それ以上に七五三が無事に終わるかということを心配します。特に、3歳児の女の子は、重たい着物を着て歩くわけですから、転ばないか心配です。また、祈祷の時にぐずったりしないか心配になります。このような行事を無事に終えて、お疲れ様という意味も込めてレストランに行く習慣が出てきました。子供も喜びますが、大人も一段落付いてレストランで食事をすることに喜びを覚えますね。

七五三のレストランの中でも、和食を中心としたメニューが多数用意されているところについては、使い勝手が良いことが特徴です。